『戦国策』~戦乱の歴史書~
某げ0むの言葉から引用して 『闘いなさい!百年間闘い続けなさい』
プロフィール

天木

Author:天木
色々なゲイムを『戦国策』(多角的観点)から検証しようとして始めたBLOGです

ニコ生でラジオも放送中(基本平日のみ)

『渡島地方、本日の天候は雪、時々吹雪くでしょう』

スカイプID→ez015ironkong

WARHAMMER 40000とWARMACHINEなるアナログゲーム(ミニチュアゲーム)について書き記します

対戦レポもうp中(現在メインの内容)

最新ニュース

Twitterをはじめましたironkongssで検索してみてね

追記

サッカーを全く知らないのにサカつく04を始めてしまった。
ニコ動で現在休止中(HDDがクラッシュしてから編集が難しくなった)

EWET←(こちらも同様に編集困難な状況の為)

サカつく6は諸事情により封印しました。

( ;∀;)イイハナシダッタナー

WARMACHINEを始めました。

(´∀`∩)↑age↑


これからも進化を忘れないで逝きたいなぁ~

再開始して4年目・・・

遂に世界一になったさぁ~

ヽ( ´ ▽ ` )ノ ワーイ



月別アーカイブ



最新記事



Twitter...



カテゴリ



Tree-Comment



天気予報

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



リンク



ブロとも一覧


素晴らしい皆様を賞賛いたします。

工場惑星ロットヴァイル

静か~に実況プレイ!

☆World is Mine☆

宝石の小部屋

ボブの実況日記

ネコは気分屋です。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔獣出現【コマンダー・コールマン・ストライカー伝第壱章より抜粋】
( ´ ▽ ` )ノ やあ ぬこです

今回は初のHordes戦でフューリーポイントも半分の4にしてもらいお試し感覚で対戦させていただきました。

WarMachineとの違いはフォーカスポイントを最初から持っているのではなく、ヘビーモンスターやライトモンスターに何らかの命令(フューリー)を与えてそれをウォーロックが吸収して使う。

吸収しきれないフューリーポイントがあるとモンスターがいうことが効きにくくなる。

ウォーロックがうけたダメージをトランスファーしてモンスターに分配することでウォーロックが生き残る可能性がある。

ということですかね~( ̄へ ̄|||) ウーム

るるぶがないのでそこのところは┐( ̄ヘ ̄)┌ さっぱりだ。

私の名はコールマン、コマンダー=コールマン=ストライカー。シグナーの魔法戦士だ。

今回の任務は南西部のクリクス国境地域に謎の巨大生物が蠢いているとの情報が司令部に届き、早速現地に調査に向かった。
もしかしたらクリクスの新部隊が国境侵犯を狙っての威力偵察かもしれないとの憶測を自分なりに考えながら私は部隊を編成した。

巨大生物というからにはこちらもWJ中心の編成でいくしかないな、下手に通常部隊を送り込んで彼等に無理をさせるわけにはいかない。

そう思いながら司令部から輸送車両に乗せられ既に五日もたった。

ようやく目の前に森というには大きすぎるそれはまさに樹海というのにふさわしい威容を持つリモンクスの森がみえてきた。

さぁここからは歩かなくてはいかんな、後はWJが泥濘にはまらないようにコントロールすることだけだな、こうして私は森の中へWJと共に偵察に出かけたのである。

暫く歩いていると何処となく遠方から恐るべき声が聞こえてきた。

ぐぅぉぉぉぉぉぉぉ~


な、なんだ今の野獣のような咆哮は!


すると驚くことに湿原地帯の中に巨大な生物の影が見え隠れしている、

!!!

アレは一体なんだ?!


私は早速部隊を展開させ原因を取り除くことにした。

シグナーVSミニオン


コールマンVSバルナバス

シグナーVSミニオン1


沼地が移動してくるwww

シグナーVSミニオン2


そんな間合いで大丈夫か?大丈夫だ。問題ないo(`・ω・´)oキリッ

シグナーVSミニオン3


最終決戦

ということで初のHordes戦です。
特別に態勢相手の方のフューリーポイントを半分の4にしていただき対戦させてもらいました。
WMとの違いはやはりこのフューリーとフォーカスですね。

最初からあるものを使うのと吸収することで大幅に増えるというどっちもある意味面白さがあります。
相手はバルナバスという鰐人間?とお供も巨大な鰐でした。
特徴は・・・・・水適正アリ

魔法で沼を出しながら移動してきます。(沼の中はレンジ武器も魔法も通らないということです。)
ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?

ソロも多かったのですがそちらは逆になんとか倒せましたが、コールマンがダメージを受けてしまいました。
(´Д⊂

なんとかかんとかコールマンをアサルト距離に持ち込んで勝負をかけましたが・・・・・

ここで大問題!!!

あと少しで倒せると思っていました。(遠い目で・・・・・)


トランスファーでダメージはモンスターが受けます。|ョ。・`ω・。)

な・・ん・・・だ・・・と・・・?

ウォーロックってそういう特殊能力なんだwww

あと3まで減らした先はずっとモンスターのターン

アワワワ((((゚ □ ゚ ) ゚ □ ゚))))アワワワ

結果
Minionaバルナバスさんの勝利です

お( ̄○ ̄)め( ̄◇ ̄)で( ̄△ ̄)と( ̄0 ̄)う( ̄ー ̄)

ぐぅ!

私は相手の巨大生物の一撃を受けてその場に倒れこむ。

ここで最後か・・・・・・

まぁ悪くない人生だったな、心残りがあるとすれば・・・・・あの花壇の花は咲き誇っているかな?
私の頭を今までの戦いの日々が走馬灯のように駆け巡った。

ターーーーーーーーン

甲高い銃声が静寂の森の中を引き裂く

Uooooooooooo

絶命するような声を挙げ、私にトドメをさそうとしていた巨大生物が地響きをたてて崩れ去る。

するとバルバナスが危険を察知したのか、この場から特殊な空間を出して沼地を作り賺さず飛び込む。

ヒィヒィィィィィン、パカラッ、パカラッ、パカラッ。

この蹄の音と嘶きは・・・・

『よぉ色男、どうやら間に合ったようだな。』

馬上から見覚えのある男の声がする。

『水遊びの時期にはちと早ぇな・・・・・』

こんな軽口を飛ばせる同僚は一人しか思い浮かばない。

キャプテン=ジェレミア=クレイだ。

『助かったよ、JK。危うくヴェルハラの門を通りそうだった。』

どうやら私は助かったようだ。

『俺なら遠慮なく通って美しい女神に・・・・・おk、おk銃口をこっちにむけるな、キティアラ。』

クレイの斜め後ろにはジャーニーウーマンウォーキャスターである魔法戦士養成学院生が怖い顔でクレイに向かってハンドキャノンを向けている。

ふふっ相変わらず仲がいいようだあのコンビは、そう思いながら私は生きていることを実感した。

続きはWebで

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://amakikagato.blog53.fc2.com/tb.php/310-92a720b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。