『戦国策』~戦乱の歴史書~
某げ0むの言葉から引用して 『闘いなさい!百年間闘い続けなさい』
プロフィール

天木

Author:天木
色々なゲイムを『戦国策』(多角的観点)から検証しようとして始めたBLOGです

ニコ生でラジオも放送中(基本平日のみ)

『渡島地方、本日の天候は雪、時々吹雪くでしょう』

スカイプID→ez015ironkong

WARHAMMER 40000とWARMACHINEなるアナログゲーム(ミニチュアゲーム)について書き記します

対戦レポもうp中(現在メインの内容)

最新ニュース

Twitterをはじめましたironkongssで検索してみてね

追記

サッカーを全く知らないのにサカつく04を始めてしまった。
ニコ動で現在休止中(HDDがクラッシュしてから編集が難しくなった)

EWET←(こちらも同様に編集困難な状況の為)

サカつく6は諸事情により封印しました。

( ;∀;)イイハナシダッタナー

WARMACHINEを始めました。

(´∀`∩)↑age↑


これからも進化を忘れないで逝きたいなぁ~

再開始して4年目・・・

遂に世界一になったさぁ~

ヽ( ´ ▽ ` )ノ ワーイ



月別アーカイブ



最新記事



Twitter...



カテゴリ



Tree-Comment



天気予報

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



リンク



ブロとも一覧


素晴らしい皆様を賞賛いたします。

工場惑星ロットヴァイル

静か~に実況プレイ!

☆World is Mine☆

宝石の小部屋

ボブの実況日記

ネコは気分屋です。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイントΗにおけるリアクター供給炉攻防
( ノ゚Д゚)おはよう 同胞

今日もダイスは絶好調かね?

私の方は逆に自分の運命のダイスがピンゾロwww


~先程の撤退戦から2時間後~

現在主要な都市への防衛ラインとして急遽臨時司令部になった野戦指揮車両“フォルケ”にて

「何?まだ帝国艦隊の到着に時間がかかるというのか?」 

カシュリオスの顔が曇る。

そこへ副官ロウムが悲痛な表情を浮かべ話しかける。そこには簡易な地図が置かれておりおもむろに指を刺す。

「現在ここポイントHにあるリアクター設備を抜かれると都市へのエネルギー供給に支障が出ます。よってなんとしてもこのラインからヤツラの進入を防がなければなりません」

するとカシュリオスも表情を硬くする。

「仕方あるまい、残りの部隊を率いて時間を稼ぐぞ!ンジャル殿には引き続きオルクどもの後方撹乱に専念していただこう・・われらの中隊のみで敵の進撃部隊に当たるぞ」

カシュリオスが副官ロウムに指示を出す。

歴戦のマリーンとはいえ、撤退後すぐの反撃、しかもかなりの数の車輌が撃破された現状、定数を大幅に下回った部隊で、果たしてミドリの津波を抑えられるのか?

同席している惑星ΣのIG防衛隊指揮官が蒼ざめた顔を浮かべていると、司令部に軍曹コリウスが駆け込んできた。

キャプテン・カシュリオス!朗報です!宇宙狼から新たなる増援が到着したのとの連絡がありました。」

カシュリオスの端正な顔が紅潮する。

「なんとあのラグナー殿が率いる部隊が到着するだと!同胞よ! 今度こそにヤツラに戦争の仕方を教えてやるぞ」

Ooooooooooooo

野戦キャンプに雄叫びが轟いたのであった。

一方無人の野を進むが如く、次々に部隊を前進させていく族長ニジュガラッドが率いる部隊にとって重要なことが起きていた

「族長!メシ、タマ、ナクナッタ」族長をガードするノブから補給に関するきわめて簡潔な言葉が上奏された。

GaKyuuuuuuu

たちまち唸る族長のパワークロウ。

文字通りノブの頭が消しとんだ。

「バカ野郎!サッサトインゲンドモノチェルターカラ奪ッテコイ。」

するとそこに偵察に出ていたボゥイから耳寄りな情報が入る

「族長!向コウニデッケェ塔ヲミツケタゼ。」

すかさず天幕から出でてバッドムーン族から手に入れた遠メガネなるものでソレを目敏く見つける族長ニジュガラッド

「野郎ドモ。イクゾ!!!オレサマニ付イテゴイ」

バトルワゴンに悠然と乗り込むのであった。

今回は【槍の穂先たれ】で【敵心臓部を奪え】という配置になりました。

前回と比較して地形を少なくしてより短時間で終わりやすいようになったので、部隊を一気に展開しやすい形になりました。

目標確保


久しぶりのランドレ強襲突撃

目標確保5


マリーン側の目標地点で烈しい攻防

目標確保6


後退戦術をとりながら射撃戦に持ち込むマリーンと逆に数で一気に白兵戦に持ち込みたいオルク

目標確保7


めまぐるしく変わる攻防戦

目標確保8


なんとか引き分けかな?

目標確保9


オルク側が数で防衛ラインを敷く

1ターン目

両翼より迫るオルク軍を片方から押さえ込みその間に敵の心臓部を付こうという作戦で、今回はランドレということで早速いつものように突撃大好きラグナーさんに左から展開、一方マリーン側が中央から防衛するといパターン

今回は時間が押し迫っているということなので速攻で部隊を展開しました

勿論遠距離からどんどんザップガンやらロキットランチャやらを撃ち込むオルク

(´・ω・`)しょぼ~ん

全面装甲14が撃ちぬけませぬ

で逆にラグナー部隊が左翼に展開しているデコプターに突撃

フラットアウトで当たらないと思っていたデコプターが消えました。

( ゚д゚)ポカーン

はじめてラグナーの突撃能力を知ったK氏でした。

しかしながらそこはアレなゾグウォードじいさん例のアレでカシュリオス隊長まさかのスクイッグ化

(´・ω・`)しょぼ~ん

2ターン目

お互いに得意な作戦を展開する。マリーンが派手に撃ち合いとオルクが犠牲を恐れぬ白兵戦ですが、流石に数が多いオルク

遮二無二数ですり減らす正しい作戦をとってくると厳しくなるマリーンです

ましてやいきなり中隊長がどうしようもない姿になってしまったから大変です

中央を突き崩されてあわや陥落寸前まで持ち込まれますが、これをなんとか凌ぎます

<(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ...

3ターン目

ちょっと時間がたりなくなったのでこのターンでおわりにしようと提案されマリーンは防衛して引き分けに持ち込む手段を考えます。

まずは自軍の防衛を固める為に飛び回っているデコプターを狙いますがここでとことん外す

(;゚д゚);゚д゚);゚д゚) <な、なんだって~!

更に予備戦力としていたオルクが奇襲作戦でなんと自軍のすぐ脇から現れるという・・・

Σ(ノ・□・)ノちょwww

大ピンチです。

この側面の奇襲部隊はウルフ側の射撃と突撃でなんとかしたのですが・・・

オルクまさかのグァーグ連発でマリーン軍の目標付近が戦場に・・・・・目標確保できない!

で時間切れ

ポイントで1:0

Y氏とK氏のオルク連合の勝利です
(*゚▽゚)ノ★+☆【祝】☆+★ヾ(゚▽゚*)

「グハハハハハハハハハハ。ドウダ俺様ノ力思イ知ッタカ」

族長ニジュガラッドが文字通り捻り潰したマリーンのヘルメットを掲げてボゥイどもに酒を注がせる。

族長に付いていけば自分達も負けないという顔がキャンプファイヤーに照らされ彼方此方に浮かび上がる。

「族長コソ最強ダゼ!」

「インゲンドモヲブッ殺セ!」

「ヒャッハーブッバナシテェーゼ!」

そこには勝利の宴をあげるオルク達の喚声はいつまでも止むことがなかった。

その一方で・・・・・

「な、なんということだ。まさか中隊長がこんなお姿に・・・」

信じられないという表情を浮かべる生き残った第16部隊の面々

「それでIGからの連絡はどうなっている?」

残存部隊を急遽率いることになった同胞軍曹ロウム

「都市への最終防衛ラインのため第654方面軍が必死の陣地構築中とのことです。」

くっ

思わず舌打ちする軍曹ロウム

「我々も合流してなんとしてもヤツラを食い止めなければならぬ。ヤツラを決して都市にいれるな。おそらく・・・」

そういうと思わず顔を背けてしまうスクイッグと化したカシュリオスに目を向けたのである。

「待たれよ!カシュリオス殿を元に戻すことが出来る。それからでも遅くないのでは?」

野戦指揮車両“フォルケ”の車両内にスペースウルフでその人ありといわれた“ンジャル・ストームコーラー”が現れる。

「レ・シャリーン・カ・ラシース・・・・・」

彼の唇から不思議な言葉と供に凄まじい力が彼の杖に集中する。

っと突然眼も眩むような光がスクイッグと化したカシュリオスから放たれる。

そして・・・・・光が消え去ると同時に、倒れた伏した姿のカシュリオスが現れた。

「暫くすれば目が覚めるであろう。その間部隊の再編を図り速やかに撤退するのだ。まだ戦いは終わっていないそうだろう同胞ロウム」

そういうとンジャルは野戦指揮車両“フォルケ”から自分の部隊へと歩みを進めるのであった。


続きはWebで
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。