『戦国策』~戦乱の歴史書~
某げ0むの言葉から引用して 『闘いなさい!百年間闘い続けなさい』
プロフィール

天木

Author:天木
色々なゲイムを『戦国策』(多角的観点)から検証しようとして始めたBLOGです

ニコ生でラジオも放送中(基本平日のみ)

『渡島地方、本日の天候は雪、時々吹雪くでしょう』

スカイプID→ez015ironkong

WARHAMMER 40000とWARMACHINEなるアナログゲーム(ミニチュアゲーム)について書き記します

対戦レポもうp中(現在メインの内容)

最新ニュース

Twitterをはじめましたironkongssで検索してみてね

追記

サッカーを全く知らないのにサカつく04を始めてしまった。
ニコ動で現在休止中(HDDがクラッシュしてから編集が難しくなった)

EWET←(こちらも同様に編集困難な状況の為)

サカつく6は諸事情により封印しました。

( ;∀;)イイハナシダッタナー

WARMACHINEを始めました。

(´∀`∩)↑age↑


これからも進化を忘れないで逝きたいなぁ~

再開始して4年目・・・

遂に世界一になったさぁ~

ヽ( ´ ▽ ` )ノ ワーイ



月別アーカイブ



最新記事



Twitter...



カテゴリ



Tree-Comment



天気予報

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



リンク



ブロとも一覧


素晴らしい皆様を賞賛いたします。

工場惑星ロットヴァイル

静か~に実況プレイ!

☆World is Mine☆

宝石の小部屋

ボブの実況日記

ネコは気分屋です。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑星Ψの攻防
( ノ゚Д゚)おはよう 同胞

わたしは・・・・・いやなんでもない。

最近は殆ど六面体を握っていないのでそろそろ禁断症状がでそうで怖いwww

久しぶりにK氏との対戦ということでいつもの場所で試合しました。

惑星Ψ・・・

人類が生存する圏内における農耕惑星だ。

惑星全体が豊かな水資源の覆われ、この付近全体の食料生産拠点として発展してきた場所である。

しかし・・・・・

その平穏は壱週間前、前触れもなく惑星に落下してきた奇妙な恒星機動艦のよって破られた。

「UGaaaaaaa・・・コノ星オレサマノモノ!」

族長“撃ち殺し”バズデゴルカルの目の前に広がる光景はオルク的思考のよって瞬く間に自分の領土である。

「野郎ドモ。コノ星制圧スルゾ!付イテキヤガレ!」

たちまち艦内からバトルワゴンやらデフドレット、ルーターボォイやノブが溢れ出たのであった。


鑓の穂先たれ目標確保1


スピアヘッドの初期配置(ウルフ側より)

鑓の穂先たれ目標確保2


四箇所を確保するというのが勝敗の行方だ

鑓の穂先たれ目標確保3


ショックアタックガンがいきなり消えたwww歪みの影響だ

鑓の穂先たれ目標確保4


滅殺者がオルクに白兵戦を挑む

鑓の穂先たれ目標確保5


渋滞通過に時間がかかるオルクを尻目にどんどん削っていきます

鑓の穂先たれ目標確保6


ルーターに狙いをつけるウルフガードとローガン

鑓の穂先たれ目標確保7


デコプターに仕掛けようとするグレイハンター

鑓の穂先たれ目標確保8


流石に白兵戦は分が悪いデコプター、無念

鑓の穂先たれ目標確保9


デフローラーに砕け散ったランドレ

鑓の穂先たれ目標確保10


最終的に面積で勝負アリ

1ターン目
オルク側先攻で始まった今回は幸先よくデコプター部隊がロングファングを狙い撃ち(流石にカバセがないと耐えられません)で初登場のショックアタックガンが運命のダイスロール(出目次第では楽々ランドレを撃ちぬけます)・・・・・ピンゾロ!

(;´∀`)タハハ・・・w

歪みに捉えられて周りのルーターボゥイを道連れにして消えていきました。

(´・ω・`)しょぼ~ん

ウルフが反撃

とりあえず接近戦上等なウルフ、早速ランドレで強襲します

ということでローガンとウルフガードの射撃&アーマーセーブ不可が乱舞していきなり退却せざるを得ないオルクでしたが、後方の味方が邪魔をして逃げ場なし!

(´・ω・`)しょぼ~ん

2ターン目

今度は殺るぜ!とばかりデフローラーが大回転をしてランドレを大破!

デコプターもオルクやティラニッドにとって危険なブラスト兵器をもつホワールを片付ける為に射撃!

:(;゙゚'ω゚'):

この攻撃でホワール人生\(=ω=.)/コナタ

今回大活躍なデコプターです(コスト計算的に)

更にデフドレッドが殺るぜ!殺るぜ!とばかりにウルフガードに突っ込みますが、これは勇み足だった。

流石にサンダーハンマーやらパワーフィストやら特殊能力満載のターミネーターに単独は(ヾノ・∀・`)ムリムリ

あえなく返り討ちになりました。

ウルフのターン

五月蠅いルーターを(つまりかなり邪魔ということです)始末するために射撃&突撃でこれを撃破したのはいいんだけど・・・

ここで失敗したA氏

そのままバトルワゴンに乗っていたトループを始末すればよかったと気づいたのは後の祭りでした

(=´∀`)ゞ

もちろんデコプターもグレイハンターが白兵戦に持ち込んで綺麗に始末しました。

3ターン目

ここでバトルワゴンからボゥイ部隊を降車させ、そのままターミネーターに突っ込んで

キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!

ここで決死の反抗を試みるアラアック!攻11のサンダーハンマーが唸りをあげたのですが、残念ながら装甲貫通判定で失敗

Orz

虚しく屍を曝す結果に、さらに悪いことに残った最後のトループもこの後の射撃で全滅

(ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`) ジェットストリームアチャー

これで目標確保ができなくなった

で4ターン目

オルク側が数の利点を生かして面で2つの拠点を確保

こうなってはウルフ側がすることは少しでも数を減らすことで面制圧を防ぐしかないのだが・・・

(ヾノ・∀・`)ムリムリ

5ターン目

撃ち合いも殆どなくダイスコロコロ

2・・・

オルク側制圧拠点2対ウルフ側制圧拠点1

K氏の勝利です

(*゚▽゚)ノ★+☆【祝】☆+★ヾ(゚▽゚*)

「見ロ!オレサマコソ最兇ヨ!」

族長“撃ち殺し”のバズデゴルカルの目の前には倒れ臥したスペースウルフの遺体が無残にも転がっている。

彼の表情には凶悪なまでの笑みであろうか、口元の歪めながら部下共に祝砲をあたりかまわず撃ち放すよう命じているようだ。

「HAHAHAHAHA。インゲンドモハマタクルゾ野郎ドモ。」

そう言い放つ彼の姿はまさにオルクそのものだ。

「シューターニ弾ブッコメロ。チョッパヲ尖ラセロ。」

たちまちのうちにスノット達を蹴飛ばしながら弾や武器を砥がせるノブの一群

「モット俺様ヲ楽シマセルンダ!」

それはこの惑星Ψの人類にとって絶望を意味する不吉な預言に他ならない。

続きはWebで
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

タナトス・ゲート【冥府の門】
( ノ゚Д゚)おはよう 同胞

更新まで長かったが【歪み】のせいで色々な出来事があって司書官が書き記すことが出来なかったのだ。

今回はタナトス・ゲート【冥府の門】と呼ばれる大戦について書き記したい。

我々宇宙狼は惑星Йにおいて誇りある帝國防衛軍がこともあろうにミドリの連中と合流して、更に陛下に対し大逆という許しがたい行動を起こした反乱軍を同胞とともに殲滅せよとの異端審問庁から大狼“ローガン=グリムナー”に命が下り、しぶしぶながら我等の“大狼”は遠征軍をおこすことになった。(異端審問庁は第一次アルマゲドン戦役以来宇宙狼とは不仲である)

「此度の戦、我等はオルクどもを駆逐することのみ専念せよ。」と“大狼”ローガン=グリムナー様から直々の言葉を頂き、我等宇宙狼はいまかいまかと戦いの法螺が吹き荒れるのを待つばかりだ。

既に野戦司令室ではどのような布陣を敷くのかを3DMAPで細かく示されておりいつでも出撃できる態勢であった。すると司令部に待ちに待った斥候狼からの索敵情報が舞い込んできたのである。

「大王(ローガンの尊称)オルク共の布陣が斥候狼の群狼(ウルフスカウト)から入電しました。このようになっております。」

といって手馴れた感じで3DMAPに最新情報が映されていく。

そしてひときわ巨大な鉄の塊が浮かび上がると大王は満足げに頷く、

「いくぞアラアック、今宵の狩りは楽しめそうだ。」

そう言い放つ大王に対し、アラアックと呼ばれた狼の近衛は一言「諾。」とだけ言い放ちすぐさま愛用の仇殺しの鎚を握り締め不敵に笑ったのであった。

というわけで今回はレネゲイトIG5000+オルク5000の10000対マリーン4000+3000+ウルフ3000のアポカリプスです

新春アポカリエルダー対ケイオス


こちらはケイオスマリーンとディーモン連合10000
(勿論ディーモンはルール上いませんよ1ターン目は・・・)

新春アポカリエルダー対ケイオス1


対するはエルダー連合10000

新春アポカリマリーン連合


殆ど滅殺者とランドレしかいないマリーン連合10000(笑)

新春アポカリレネゲイトIG&オルク


戦車。戦車。戦車。ベインブレイドしかいないIG(歩兵?そんなのは畑に生えているよbyコミッサー
と右上にそびえるゴルク神の化身”ストンパ”10000

新春アポカリ1


戦場を斜めに俯瞰する。あっという間にユニットが消えていきます(笑)流石アポカリ

新春アポカリ2


どっちの戦車だかよくわからん(笑)

新春アポカリ3


キタ━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━!!

ゴルク神の化身“ストンパ”ですよ~

カッコ( ゚∀゚)イイ

新春アポカリ4


近い!近い!至近距離じゃないですか?(笑)

新春アポカリ5


いやはや壮観ですなぁ~

新春アポカリ6


ローガンとアラアックのほぼ二人だけでストンパを撃破しました。

新春アポカリ7


反乱軍に押されているマリーン軍団www

新春アポカリ8


ヴァルキリーが悠然と飛んでいます。デケェー

新春アポカリ9


なんだかんだいっても生き残るランドレ部隊。さすが全面装甲14は格が違うwww

今回はほぼダイジェストでお送りします

理由は簡単(こちらだけで手一杯だったので)他のところはいまいちわからないwww

IGオルク連合が先制のD兵器の嵐

スーパーラットガンが停まるまでウルフのユニットが3つほど消えました(笑)

で反撃とばかりに前進制圧するランドレ

なんやかんやでついに珍しいウルフの滅殺者部隊がでかいストンパに猛烈な攻撃(ローガンの特殊能力のおかげです)

でもってストンパも反撃のパワークロウどころじゃない豪腕でターミネーターに襲い掛かります

しかも途中でIGからD兵器が飛んできてSセーブできない部隊がどんどん消えるwww

o(`・ω・´)oキリッ

ローガンとアラアックコンビなまらがんばった。

ついにストンパが崩れ去りました。
その隣で派手にベインブレイドが核融合爆発で味方IGを皆殺しwww

【冥府の門】が開いております。

4ターンまでいったのですが、結局制圧ポイント負けでIG・オルク連合の勝利でした

A氏とY氏(*゚▽゚)ノ★+☆【祝】☆+★ヾ(゚▽゚*)

「この闘い、よき狩りであったなアラアック。」

そういって膝をつくローガン

その横では敵の攻撃を必死に防ぐ寡黙な豪傑アラアックが自慢の仇殺しの鎚を振り回し、迫り来るオルクの軍勢を防いでいた。

「もういいぞアラアック。そろそろ総主長が【冥府の門】から呼んでいるようだ。」

覚悟を極めるローガン、その顔はなぜか誇らしげである。

それもそのはず、僅かな部隊で圧倒的不利な戦況を支え、尚且つオルク共のとっては神にも等しい存在を己が手で討ち倒したのである。

しかしながら、彼を守る者はもはやアラアックのみ、他の近衛達は大王を守る為に銃弾を受け止めたり、破壊的な豪腕をその身でもって防いできたのだ。

「さて次の戦いは冥府であるかな。ガーッハッハッハハハ。」

この期に及んでもこのような言葉を話せるのは恐らく彼しかいないであろう。

遂にオルクのメカノブのひとりがアラアックの防衛を超えてローガンに襲い掛かる。

「シネ。インゲンメ!」

パワークロウを振り上げあわやローガンの体が砕け散ったか・・・にみえたその瞬間

「レ・ラーケシェン・アル・スレート・イーザーク・・・」

その言葉が戦場に朗々と流れるするとオルク共がいた地面が突然砕ける。

まるで狼の口に飲み込まれるように次々と地割れに巻き込まれていくオルク。

それは今まさにローガンに襲いかかろうとしたメカノブも例外ではなかった。

「ガァァァァァ、ナンジャコレヤ」

驚愕の目を開くオルクの頭にすかざず狼の頭を象った杖が叩きつけられる。

「どうやら・・・まだまだ喜びの野に逝くじきではないということか?嵐の息子、そして我が師父よ」

ローガンの目の前に悠然と佇む嵐の息子とラスの狼骨兜を纏った屠る者がいた。

「戦いはまだまだ続きますぞ大王。アラアックよくぞ耐えてくれた流石大王の代理人たる勇者だ。」

そういってウルリックンジャル率いる灰色狼達は戦場を離脱したのであった。

続きはWebで

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

ポイントΗにおけるリアクター供給炉攻防
( ノ゚Д゚)おはよう 同胞

今日もダイスは絶好調かね?

私の方は逆に自分の運命のダイスがピンゾロwww


~先程の撤退戦から2時間後~

現在主要な都市への防衛ラインとして急遽臨時司令部になった野戦指揮車両“フォルケ”にて

「何?まだ帝国艦隊の到着に時間がかかるというのか?」 

カシュリオスの顔が曇る。

そこへ副官ロウムが悲痛な表情を浮かべ話しかける。そこには簡易な地図が置かれておりおもむろに指を刺す。

「現在ここポイントHにあるリアクター設備を抜かれると都市へのエネルギー供給に支障が出ます。よってなんとしてもこのラインからヤツラの進入を防がなければなりません」

するとカシュリオスも表情を硬くする。

「仕方あるまい、残りの部隊を率いて時間を稼ぐぞ!ンジャル殿には引き続きオルクどもの後方撹乱に専念していただこう・・われらの中隊のみで敵の進撃部隊に当たるぞ」

カシュリオスが副官ロウムに指示を出す。

歴戦のマリーンとはいえ、撤退後すぐの反撃、しかもかなりの数の車輌が撃破された現状、定数を大幅に下回った部隊で、果たしてミドリの津波を抑えられるのか?

同席している惑星ΣのIG防衛隊指揮官が蒼ざめた顔を浮かべていると、司令部に軍曹コリウスが駆け込んできた。

キャプテン・カシュリオス!朗報です!宇宙狼から新たなる増援が到着したのとの連絡がありました。」

カシュリオスの端正な顔が紅潮する。

「なんとあのラグナー殿が率いる部隊が到着するだと!同胞よ! 今度こそにヤツラに戦争の仕方を教えてやるぞ」

Ooooooooooooo

野戦キャンプに雄叫びが轟いたのであった。

一方無人の野を進むが如く、次々に部隊を前進させていく族長ニジュガラッドが率いる部隊にとって重要なことが起きていた

「族長!メシ、タマ、ナクナッタ」族長をガードするノブから補給に関するきわめて簡潔な言葉が上奏された。

GaKyuuuuuuu

たちまち唸る族長のパワークロウ。

文字通りノブの頭が消しとんだ。

「バカ野郎!サッサトインゲンドモノチェルターカラ奪ッテコイ。」

するとそこに偵察に出ていたボゥイから耳寄りな情報が入る

「族長!向コウニデッケェ塔ヲミツケタゼ。」

すかさず天幕から出でてバッドムーン族から手に入れた遠メガネなるものでソレを目敏く見つける族長ニジュガラッド

「野郎ドモ。イクゾ!!!オレサマニ付イテゴイ」

バトルワゴンに悠然と乗り込むのであった。

今回は【槍の穂先たれ】で【敵心臓部を奪え】という配置になりました。

前回と比較して地形を少なくしてより短時間で終わりやすいようになったので、部隊を一気に展開しやすい形になりました。

目標確保


久しぶりのランドレ強襲突撃

目標確保5


マリーン側の目標地点で烈しい攻防

目標確保6


後退戦術をとりながら射撃戦に持ち込むマリーンと逆に数で一気に白兵戦に持ち込みたいオルク

目標確保7


めまぐるしく変わる攻防戦

目標確保8


なんとか引き分けかな?

目標確保9


オルク側が数で防衛ラインを敷く

1ターン目

両翼より迫るオルク軍を片方から押さえ込みその間に敵の心臓部を付こうという作戦で、今回はランドレということで早速いつものように突撃大好きラグナーさんに左から展開、一方マリーン側が中央から防衛するといパターン

今回は時間が押し迫っているということなので速攻で部隊を展開しました

勿論遠距離からどんどんザップガンやらロキットランチャやらを撃ち込むオルク

(´・ω・`)しょぼ~ん

全面装甲14が撃ちぬけませぬ

で逆にラグナー部隊が左翼に展開しているデコプターに突撃

フラットアウトで当たらないと思っていたデコプターが消えました。

( ゚д゚)ポカーン

はじめてラグナーの突撃能力を知ったK氏でした。

しかしながらそこはアレなゾグウォードじいさん例のアレでカシュリオス隊長まさかのスクイッグ化

(´・ω・`)しょぼ~ん

2ターン目

お互いに得意な作戦を展開する。マリーンが派手に撃ち合いとオルクが犠牲を恐れぬ白兵戦ですが、流石に数が多いオルク

遮二無二数ですり減らす正しい作戦をとってくると厳しくなるマリーンです

ましてやいきなり中隊長がどうしようもない姿になってしまったから大変です

中央を突き崩されてあわや陥落寸前まで持ち込まれますが、これをなんとか凌ぎます

<(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ...

3ターン目

ちょっと時間がたりなくなったのでこのターンでおわりにしようと提案されマリーンは防衛して引き分けに持ち込む手段を考えます。

まずは自軍の防衛を固める為に飛び回っているデコプターを狙いますがここでとことん外す

(;゚д゚);゚д゚);゚д゚) <な、なんだって~!

更に予備戦力としていたオルクが奇襲作戦でなんと自軍のすぐ脇から現れるという・・・

Σ(ノ・□・)ノちょwww

大ピンチです。

この側面の奇襲部隊はウルフ側の射撃と突撃でなんとかしたのですが・・・

オルクまさかのグァーグ連発でマリーン軍の目標付近が戦場に・・・・・目標確保できない!

で時間切れ

ポイントで1:0

Y氏とK氏のオルク連合の勝利です
(*゚▽゚)ノ★+☆【祝】☆+★ヾ(゚▽゚*)

「グハハハハハハハハハハ。ドウダ俺様ノ力思イ知ッタカ」

族長ニジュガラッドが文字通り捻り潰したマリーンのヘルメットを掲げてボゥイどもに酒を注がせる。

族長に付いていけば自分達も負けないという顔がキャンプファイヤーに照らされ彼方此方に浮かび上がる。

「族長コソ最強ダゼ!」

「インゲンドモヲブッ殺セ!」

「ヒャッハーブッバナシテェーゼ!」

そこには勝利の宴をあげるオルク達の喚声はいつまでも止むことがなかった。

その一方で・・・・・

「な、なんということだ。まさか中隊長がこんなお姿に・・・」

信じられないという表情を浮かべる生き残った第16部隊の面々

「それでIGからの連絡はどうなっている?」

残存部隊を急遽率いることになった同胞軍曹ロウム

「都市への最終防衛ラインのため第654方面軍が必死の陣地構築中とのことです。」

くっ

思わず舌打ちする軍曹ロウム

「我々も合流してなんとしてもヤツラを食い止めなければならぬ。ヤツラを決して都市にいれるな。おそらく・・・」

そういうと思わず顔を背けてしまうスクイッグと化したカシュリオスに目を向けたのである。

「待たれよ!カシュリオス殿を元に戻すことが出来る。それからでも遅くないのでは?」

野戦指揮車両“フォルケ”の車両内にスペースウルフでその人ありといわれた“ンジャル・ストームコーラー”が現れる。

「レ・シャリーン・カ・ラシース・・・・・」

彼の唇から不思議な言葉と供に凄まじい力が彼の杖に集中する。

っと突然眼も眩むような光がスクイッグと化したカシュリオスから放たれる。

そして・・・・・光が消え去ると同時に、倒れた伏した姿のカシュリオスが現れた。

「暫くすれば目が覚めるであろう。その間部隊の再編を図り速やかに撤退するのだ。まだ戦いは終わっていないそうだろう同胞ロウム」

そういうとンジャルは野戦指揮車両“フォルケ”から自分の部隊へと歩みを進めるのであった。


続きはWebで

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

UKからついに届いた(´Д⊂
( ´ ▽ ` )ノ  やあ ぬこです

実に久しぶりの更新です

昨年末より注文していた商品(DVD)がようやく届いたんですよ。

そもそも発売日が11・29全世界同時とか言っておきながら今かよゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

もうねぇ~どんだけ文句を送り込んだのかわからないくらい書きましたよ

メールでね<(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ...

で届いたのがコレ

ULTRAMARINES.A WARHAMMER 40,000 MOVIE

いいね。

中身はじっくりみるよ

(=´∀`)ゞ

さてじつはGWUKのほうでもウルフの新しい?ミニチュアが出たんだなコレが・・・

http://www.games-workshop.com/gws/catalog/productDetail.jsp?catId=cat440161a&prodId=prod1070016a



http://www.games-workshop.com/gws/catalog/productDetail.jsp?catId=cat440161a&prodId=prod1070015a

これね

(⌒^⌒)b うん

買おう

こんどは早く届くといいなぁ~

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

惑星Σにおける翠ノ津波を迎撃せよ
( ノ゚Д゚)おはよう 同胞。今回は実に待たせてしまったな。

それというのも年末年始の仕事と遊びで書いている暇がなかった。

すまん。m(。≧Д≦。)m


ここは惑星Σ、帝国にとっては小さい星だが人類にとっては繁栄した都市と豊かな資源に恵まれた数少ない惑星である。

だが忌まわしいことにこの惑星に小規模ながら既にガズザッカルの大進撃に後押しされたオルク連中が確認されたのとの連絡が帝国軍654方面司令部に飛び込んできた。

現在この地を守備するIG部隊は先の大進撃で疲弊しており再編行動中で即応体制にないとの悲鳴にも似た通信がUMのカシュリオス戦団長率いる部隊に届いたのである。

『直ちに部隊を強襲降下せよ。一刻も早くゼノ共を皆殺しにしなければ惑星Σがあぶない!』

だが彼の率いる部隊は元々演習用に編成された部隊であり、数的不利は確実である。

しかしながら、人類を守るべきスペースマリーンを預かるカシュリオスの鶴の一声で精鋭第11戦団が惑星Σに出陣することになった。

カシュリオス閣下。先程宇宙狼軍団のンジャル殿から通信がありました。』

するとそれまで降下作戦後の対応を協議していた司令部に明るい表情がうまれた。

『なんと、あの勇猛なる宇宙狼軍団のンジャル殿が近くにいられるのか?なんといわれたのだ。』

通信兵からの返答を急かす様に促すカシュリオス

『ハッ、そちらに合流して供にゼノ共を叩き潰そうとのことです。』

すると満足そうに頷くカシュリオス

『皆のものよ。かの宇宙狼に負けぬ勇猛さを見せようぞ!』

オォー、地鳴りのような喚声が船内に沸き起こったのであった。

一方この惑星Σにフェードアウトしてきたオルク戦闘艦【ムカ月デカ鼻号】の艦内にて・・・・・

『族長!インゲンドモガイヤガルゼ。』

すると退屈紛れにノブドモをパワークロウで捻り潰していた族長ニジュガラッドが目を輝かせる

『野郎ドモ、俺様ノ銀川征服ノ目標ガデタゾ、殺ルゼ。』

ボスのパワークロウから逃げていたノブ達も一斉にチョッパを掻き鳴らす。

気の早いシューターボォイは艦内でお構いなしにぶっ放し始める。

タンクバッスタは巨大なハンマーを手にし、獲物がいなければこの艦を破壊しそうなほど眼がギラついている。

UGAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA

ミドリの津浪が巻き起こるオルクの大進撃だ!

ということで今回は親しくさせていただいているK氏が父子鷹で参戦、さらにY氏も加えての同盟戦で1200+1200の2400で殲滅戦の戦場の曙となりました。

夜戦


初期配置オルクのゾグォートじいさん部隊マリーンのカシュリオス戦団長部隊が闇夜で遭遇することに

夜戦1


ダイスの数でわかるオルクの物量

夜戦2


インセンジャリーが炸裂する(;゚Д゚)

夜戦3


盤面狭しと迫るミドリの津波

夜戦4


対するは機甲部隊を中心としたマリーン系軍団

夜戦5


(゚∀゚)o彡゜射程、(゚∀゚)o彡゜射程。メジャーで測ろう

夜戦6


城門外で烈しくが激突するマリーンオルク

夜戦7


ゾグォートじいさんイア・ウィ・ゴーで飛んできた。

夜戦8


デフローラー大暴れの巻

夜戦9


収拾がつかないwww

夜戦10


最終的に、ミドリを押し潰したwww


1ターン目
マリーンが部隊を1HQ、2TL配置してオルクがゾグォートじいさん部隊を中央崖に潜ませ、残りは城壁の向こうにということになりました。

で戦場の曙なので後方からどんどん援軍が・・・・・でてくるというパターンです

先制はマリーンでまず戦場の中央にドロップポッドを強襲降下。
アイアンクラッドでてきて、イ尓 女子 ということで滅多に使用しないサーチライトで煌々とゾグウォード部隊を照らします。

サーチライトに照らされるとその距離まで届く武器を持つ部隊なら索敵判定なしで命中判定になります。

硬い装甲をいかした上手い作戦です

すかさず後方からミサイルやらプラズマやらホワールやらどかどか打ち込まれるオルク

勿論反撃です
o(`・ω・´)oキリッ

ゾグウォードが得意のズギューーーーンでメルタ距離でドレッドを撃ち抜きます。
w( ̄△ ̄;)wおおっ!

で残りはひたすら前進あるのみ

物量で擂り潰す作戦です
(じつにオーキーな考え)

2ターン目
左側に陣取ったマリーンはひたすら射撃でオルク兵力を減らします

また後方からじっくりと殲滅者部隊がオルク目指して前進(今回は予備戦力ではないです)

さらにあの白兵大好きウルフまでも射撃に徹しています(戦場的に防衛がメインで機動的運用が不可能でした)

オルク側はついにカチコミに成功
マリーンに白兵戦を挑むもなんと逆に返り討ちにされる
アワワワ((((゚ □ ゚ ) ゚ □ ゚))))アワワワ

で殲滅されて高台から降り始めようとするが・・・ダイスの出目が悪くそれほど距離は稼げなかった。

3ターン目
マリーンはデコプター奇襲部隊を全滅させひとまず左側の安全を確保するも依然厳しい盤面

ならばとお返しとばかりデフローラーのバトルワゴンが突っ込んで
キタ━( ゚∀゚  )っ ━(  ゚∀゚ )っ━( ゚∀゚  )っ ━(  ゚∀゚ )っ━!!!!

攻10のダイス5ってだれかスーパーヘヴィーもってこい!

前方13では抜かれます
(´;ω;`)かわいそうです

デフローラー大活躍です。
マリーン系にラスキャノン部隊がいなかったからだ!!!)

でまぁゾグウォードは・・・イア・ウィ・ゴーで一気にマリーン陣地後方への出現を狙うも縦深攻撃失敗で予備戦力扱い(次のターンがんばろう)

4ターン目
マリーンのヴィンデケイターで右側のバトルワゴン撃破
そして殲滅者たちがじわりとオルクに迫る

オルクはこれをみてついに突撃
近くに敵がいるなら取りあえず殴りこめというオーキーの習性である

更に左側のバトルワゴン大活躍
ビヨルンと動けないプレデターを地均ししながらマリーンに迫る

ここで殲滅者大活躍なんとダメージセーブ全て成功
Σ(ノ・□・)ノ

すげぇこれだけ攻撃して全部防ぐダイスすげぇ~

しかし城壁の上にいたマリーン部隊はトラックから降りたオルクが綺麗に掃除していきました。

5ターン目
流石にこれは拙いと考えて今まで殆ど動かしていなかったウルフ部隊を降車させ白兵戦の準備にかかります

その間にも先程全滅されたマリーンの敵討ちとばかりにンジャルが地割れ&ホワールのミサイルでトラック撃破

しかしながら組織的反撃もここまで

オルクがバトルワゴンで最後のホワール撃破
そして予備戦力のゾグウォードが再び戦場に現れライノをズギューーーンで派手にふっ飛ばしました。

必死に闘っていた殲滅者も流石に今回は耐えられずリタイア

でダイスが2だったのでここで4時間近い戦いも終了となりました

K氏&Y氏のオルク連合の勝利です
(*゚▽゚)ノ★+☆【祝】☆+★ヾ(゚▽゚*)

『後退しろ。一時態勢を立て直す。偉大なる総主長は無駄な戦死を許さないことを書き記しているのだ。』

サンダホーク強襲戦闘艦に部隊を撤退させるカシュリオス

『援護せよ。同胞を決して見捨てるな!』

声を張り上げてンジャルが嵐を呼ぶ杖を振り上げ強烈な吹雪を、残ったグレイハンター達がボルトガンの雨を、迫り来るオルクシューターボゥイに向かって叩きつける。

UGAAAAAAAAAA

戦場に木霊するのはオルク達の鬨の声だ。

その中でも一際デカい唸り声を挙げる者がいる族長ニジュガラッドだ。

『グハハッハッ。インゲン共ナゾブチ殺セ。オレサマコソ最強ヨ。』

こうして人類側は多数の犠牲者を出しながらシティに向かおうとするオルクの軍勢に対し足止めらしきことをすることが出来た。

この貴重な時間がこれから援軍として来星するIGにとっての反撃の機会になるのを知るよしもなかったのである・

続きはWebで

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。